あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

坂市太郎

4486795622656.jpg
坂 市太郎(ばん いちたろう)
1854年(安政元年) 岐阜県大垣市(美濃大垣藩)に生まれる。
武士の子として厳しく育てられ、藩の壬生義塾で高い学力を身につけます。

明治新政府が北海道を開発するため優秀な人材を育成する開拓使仮学校(東京芝増上寺)に、18歳の坂は明治5年に入学し、新しい時代を切り開く意欲に燃えていました。
その講師としてアメリカから招かれたのが、鉱山学者のライマン先生36歳でした。
5446+55555252.jpg
カリキュラムは、5年はかかるであろう各専門分野を3年で習得してもらうという厳しいものでしたが、坂は全力で学び2ヶ月で学費が免除されるほどの成績を上げます。
しかし、このような机上の学習ばかりではなく、早く実践に移したいという欲望がわいていました。

それから1年半後、開拓使からライマン先生に北海道地質測量の命が下りました。
坂は成績優秀な学生13名に選ばれ、一同興奮の中、明治6年3月に北海道へ向けて出発しました。
68+6+9555+6+5.jpg
春になり、アイヌの青年を案内役で雇い、ライマン探検隊は出発しました。
空知、上川、苫前まで縦断しましたが、どこも原始林そのままの場所で背丈ほどある笹薮を歩き、熊の出現におびえながらの探検でした。
このような森の中で、開発に有用な場所を特定することは非常に困難でした。
画像 029
ある日、ライマンが貴重な発見をします。
第三紀地層と言われる石炭がある層でした。
この地層は南北に横断しているものと思われ、奈井江、美唄、砂川あたりを調査して、ついに三笠の幌内炭田を発見します。
一気に士気が盛り上がり、ライマンはもっと奥には大炭層があると確信し、舟で夕張川を遡ることにしました。
8455556555888.jpg
しかし、夕張川は流れが速く逆らって上流に向かうのはとても困難でした。
そして、滝ノ上の千鳥が滝で完全に前進できなくなってしまい、これ以上進むのは無理ですと案内役のアイヌの青年にたしなめられ、坂たち学生は尚も前進を訴える中、ライマンは全員の安全な帰還を優先に考え、宝の山を目前に撤退を決断したのでした。
「今はやむなくここから引き返すが、一大炭田は必ずこの上流に続いているに違いない。ここは地質の関係より推察して確実である。機会を見てぜひ詳しく調査するように。」
帰りの舟は、一同無言で涙をうかべていたそうです。
舟にうずくまり水面を見つめているライマン先生を見て、坂は決心しました。
一番悔しいのは先生だろう。いつか必ずあの岩礁を乗り越え、先生が実現できなかった発見を成し遂げようと。
~~~~~~~~
それから14年の年月が過ぎ、坂は中央省庁の官僚になっていましたが、明治20年 北海道庁の技師としてこの地に戻ってきました。
北海道庁は、夕張の石炭を発見しようとそれまで何度も探検隊を送っていましたが、すべて失敗しており、いまだに夕張川上流に到達したものはいませんでした。
夕張の石炭は誰も見たことのない、ほとんど伝説と化しており、政府の鉄道計画も空知炭田の見積もりが夕張がわからないために進まない状況が続いていました。
そんな混沌とした状況を打破するべく、坂が周囲の反対を押し切り夕張探検に志願します。
明治21年 探検の許可が下りました。

5月、前回の失敗から川ではなく、陸地を進むルートを選び、坂のほかに和人1名アイヌの若者7名という探検隊は、既に開鉱していた三笠の幌内炭山を南に向けて出発しました。
44595855562651.jpg
奥地に進むにつれ、大木が林立して笹薮だらけになり、日光が陰った薄暗い森を進みました。
途中、岩が裂けたようなとてつもない谷底の崖にぶちあたりました。
もうここから先に進むのは、坂以外の全員が不可能だと思いました。
坂は、太いナラの木を倒し崖に架けるように指示し、その木をわたる決意をします。
その丸太の橋を誰も渡ろうとしないのを見て、坂は命綱なしで一番で渡ってお手本になりました。
一歩間違えば谷底に転落即死という状況にもひるまず進む市太郎の粘り強さに圧倒され、全員が丸太を無事に渡りました。

そうして幌内を出発して一週間が過ぎた頃、森の先に川のせせらぎが見えました。
あそこで一休みしよう。
その河原について皆が腰を下ろしたとき、坂が突然走り出しました。
「何か光ってるぞ!まさか!おーいみんな、石炭だ!!」
それは、シホロカベツ川沿い高松の層の厚さ7メートル、瀝青炭の大露頭でした。
全員が足の痛みも忘れて走りより、両手を広げて大発見をした坂を祝福しました。
同行したアイヌの仲間も歓声を上げ涙を流して喜んだそうです。
坂市太郎35歳のときの快挙でした。
「ライマン先生の夢が叶いました、やはり夕張に石炭がありましたよ。」
195.jpg

夕張の石炭発見のニュースは全国に轟き、2年後には採炭所が開設されることになりました。
それから坂は、困難といわれた夕張川上流の地形の測量も達成、成功しました。
486+55555+54.jpg
大炭層の発見から5年後、明治26年40歳で道庁を退職しました。
その後は、若かりし頃自分が探検して回った歌志内、赤平、夕張の炭鉱開発を個人で乗り出し、大正6年には上歌志内に坂炭鉱株式会社を設立、実業家として炭鉱開発の盟主となりました。
武士の子として、地質学者、探検家、実業家として、北海道に魅せられ類まれな人生を送った坂市太郎は、大正9年この世を去りました。 享年66歳。 

参考資料:夕張市史、北海道100年物語
スポンサーサイト
  1. 2012/01/28(土) 15:06:00|
  2. 夕張歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ともゆき | ホーム | 『せんの木物語』の木はどこ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/89-cb5d90d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。