あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『せんの木物語』の木はどこ?

夕張出身の、ペーパームーンさんから2年前に貸していただいた冊子です。
「白峰丁未が里 三百余年伝 せんの木物語」
平成14年 石炭の歴史村観光発行の、史実を基にしたドキュメントです。
888655522626.jpg
物語は、江戸時代の1662年頃、夕張がまだ全くの未開の森だったころに始まります。
あの松浦武四郎が生まれる150年ほど前です。
砂金取りで夕張川を遡ってきた松前藩の和人にアイヌの人々が道案内で随行してきました。
シホロカベツ川でも砂金が探されたが、ここにはそれはなく和人たちは引き返していきましが、アイヌの一部は、ここは人跡未踏の新天地として住み着きました。
シャコロモとワブナの夫婦が丁未に住み着き(旧一鉱事務所付近)、これが丁未の最初の住人だったとのことです。
鹿を取って食料にして、子供を育て、シャクシャインの乱で招集されたりしましたが、平穏に暮らしていました。
その子孫も、社光や高松に入植してきた鷹狩りの和人と激突して勝利したり、自分たちの縄張りを守っていました。

それから更に120年が過ぎ、明治13年、子孫トラパミがヒグマに誘われ、長男ショウラムが7年かがりでそのヒグマを日高で仕留め仇討ちし、途中恋仲になったタピカをつれてやっと丁未に戻りましたが、両親はすでに亡くなっていたそうです。
シャコロモから続いた丁未アイヌの歴史は、明治20年ショウラムとタピカが丁未を離れ一旦終わります。

その翌年、明治21年に坂市太郎が大炭層発見。
急速に炭鉱開発が進んだ丁未は一変し、多くの人々が入植してきました。
明治25年に一番坑で大爆発がおき18人が死亡しました。
この犠牲者の中に芽沼炭鉱から移ってきたアイヌの若い夫婦がいました。
その夫婦の5歳(男)4歳(男)2歳(女)の幼い子は、それぞれ引き取られ行方がわからなくなりました。

それから15年後、幌内から丁未部落に入ったアイヌの青年が、その飯場で働いていたアイヌの若夫婦が自分の弟と妹と知り、兄妹夫婦でありながら本人たちはそれに気がついていないことに愕然とします。
そう、この3人はあの幼い兄弟妹だったのでした。
あまりにも残酷な事実に兄弟の名乗りをあげることも出来ず、その事実をこの夫婦の仲人だった飯場の親分、橘内次助(後の町会議員)にだけ告げたのでした。
若夫婦には、あと5ヶ月ほどで出産予定がありました。
この青年は、飯場の横にせんの木を植えて、二人の幸せを祈り合掌しました。
そして、丁未を去り二度と戻っては来なかったそうです。

シャコロモから続いた丁未アイヌと、このアイヌ3兄弟が同族である証拠はありませんが、両親が丁未坑の開坑を知り、ふるさとを思い芽沼から戻ってきたという可能性もあるのではないでしょうか。
84444626265.jpg
この写真が、アイヌの青年が植えたせんの木だそうです。
明治40年に撮影されたものです。
資料では、今でも丁未2区の矢本文平氏の横に大木となって実在している。と書かれています。
「二度とこのような不幸な夫婦が生まれないように」、このせんの木は丁未で大切にされたそうです。
大盆踊りも、このせんの木のある広場で行われたそうです。

この写真と情報を頼りに、せんの木を探しに行きました。
ヒントは、丁未の崖と山の稜線と角度、木は小高い場所で奥側低地に飯場があったと思われる広場があった場所。
なにより、この角度で地形が一致する場所を探しました。
丁未2区といえば、丁未小学校や郵便局のあった場所です。
画像 033
この木しかないと思いました。
あたりに雑木林はなく、地形が一致する箇所はここしかありません。
もう少し崖が近くに見える場所のような気もしますが・・・
せんの木をご存知の方がおりましたら、お知らせいただきたいと思います。

ちなみに、せんの木とはどんな木なのか検索してみました。
「栓の木」別名「針桐」
8546555262444.jpg

ウコギ科の落葉高木。山地に自生。枝にとげがあり、葉は手のひら状に裂けていてキリに似る。7月ごろ、黄緑色の小花が球状に集まったものが傘状につき、藍色の丸い実を結ぶ。材をげた・家具などに使用。栓(せん)の木。やまぎり。
565555.jpg
7~8月には枝先にこのような花が咲くそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/26(木) 22:31:55|
  2. 丁未・錦・富岡・福住・住初
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<坂市太郎 | ホーム | 女ひとり大地を行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/88-71de6ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。