あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベンジャミン・スミス・ライマンの登場

4484+4747444+4.jpg
ベンジャミン・スミス・ライマン 1835年12月11日生 - 1920年8月30日死去
アメリカ人鉱山学者。 日本名 来曼
1835年にマサチューセッツ州のノーサンプトンで出生。ハーバード大学を修了後、ドイツフライベルクのフライベルク鉱山学校(現在のフライベルク工科大学)で鉱山学を学んだ。
ペンシルベニア州、インドなどの石油調査を終えたのち、明治5年に日本に招かれた。
炭鉱都市としての夕張は、この人物の地質調査により始まりました。

徳川幕府の時代、ロシアの南下政策は、カムチャッカから千島列島、1771年にはついに蝦夷を伺うとの情報に接し、幕府は北方の警護と調査を強化して対抗しました。
松浦武四郎が活躍したのはこの後の時代でした。
1853年(嘉永6年)ペリーの黒船来航により、下田・函館を開港することとなり、北海道の様相も一変することとなりました。
474555411325454.jpg

水・食料・石炭を函館で外国船に供給することとなった幕府は、1856年(安政3年)まず最初に白糠炭鉱(釧路)が開発されました。
1861年(文久元年)には芽沼(現在の泊村)で炭層を発見、1868年(慶応3年)に本格的に開坑しました。
これにて十分な石炭を外国船に供給できるようになりましたが、それまでは九州から函館までわざわざ石炭を運搬して供給していたそうです。

まもなく明治新政府ができ、北海道開拓使がおかれました。
開拓使長官の黒田清隆が自ら渡米して、時のアメリカ大統領グランドに開拓の技術指導者の派遣を要請しました。
アメリカ人指導者ケブロンとアンチセルが派遣され、北海道を広範囲に鉱山と鉱床を調査し、初期の鉱山施設に多くの改善を加えました。
4121544.jpg
北海道開拓使長官 黒田清隆

明治6年2月、ケプロンの推薦で、アンチセルの後任としてベンジャミン・スミス・ライマンが地質学と鉱山技師とを兼ねて任命されました。
ムンローとともに日本人13人の助手を指導し、その後3年間に渡って北海道の地質調査を行ったのでした。
このころまで日本には地質学がなく、この調査は日本で最初の地質調査でした。
調査の目的は、石炭、油田、鉄、金、硫黄など重要鉱産資源でした。
芽沼、幌内、静内、石狩、美唄、奈井江、空知川流域などを調査し、「北海道地質総論」「日本蝦夷地質要路之図」としてまとめられました。
68+6+9555+6+5.jpg

ライマンの調査方法は現在では普通の方法となっているそうですが、その当時では最もすぐれた方法であり、その精力絶倫な行動と調査速度は驚くべきものであったそうです。
ライマンの指輪にはコンパスが付いていて、これを地図と照合して、恐ろしいほどの脚力でドンドン走るように測量して、鉱床調査や埋蔵量の見積もりなど全く一瞬で出来上がったそうです。
3254454141445.jpg
「日本蝦夷地質要路之図」

■■未開の森に向かうライマン■■
明治6年のこの年、ライマン一行は夕張川を舟で遡りました。
この上流に大きな炭層があると確信していました。
しかし、滝ノ上付近でけわしい岩壁に行く手をはばまれ、どうしても進むことができませんでした。
ここでライマンは、やむなく引き返したのでした。
これは、松浦武四郎の舟の行く手をもはばんだカムイコタン(千鳥が滝)でした。
この一行に同行していた開拓使農学校の学生であった坂市太郎に、次のような言葉を残したのである。
「今はやむなくここから引き返すが、一大炭田は必ずこの上流に続いているに違いない。これは地質の関係より推察して確実である。機会を見てぜひ詳しく調査するように。」
画像 025
また、鉱山開発の資本についてライマンは、北海道炭の報告が世界に公布されれば、外債を募るのに有利であり、利息一分を減らすことが出きれば3億円の公債にたいして300万円の利益となり、調査費用などまったく問題にならないと経営指南までしています。
この時のライマンの調査により幌内炭鉱(三笠)が開坑しました。
それまで北海道炭鉱の中心は芽沼炭鉱でしたが、石狩炭田に移行し空知の大きな飛躍発展の基礎となったのでした。
0544464444565.jpg

帰国後はペンシルベニア州地質調査所次長に就任し、1895年に同所を退職、再訪日することを望んでいたが赤痢に悩まされ訪日できずにペンシルベニア州チェルトナムで1920年に亡くなりました。84歳。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/09(月) 05:06:39|
  2. 夕張歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ああ、夕張北高ロケット爆発事件 | ホーム | 北炭化成工業所>>

コメント

あの方ですよね

101歳の宮川さまですよね?
登川のときに、とても喜んでくれて協賛していただきましたね。
お亡くなりになられたのは残念ですが、羨ましい大往生でして、最後にふるさと母校の記念碑が間に合ってよかったと思います。
きっと今頃、碑を見に来てくれいてるのではないでしょうか。

ライマンの頃になると明治に入り、資料も多くて調べやすくなってきます。
夕張市史を中心に枝葉を広げて、わかりやすい内容でまとめて自分も学習したいと思っています。
  1. 2012/01/09(月) 22:14:18 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

ライマンから坂市太郎と引き継がれ炭鉱の町夕張が誕生した歴史が詳しく書かれていますね。
6日に101才で登川小を大正11年に卒業した伯母が亡くなりました。
故人の経歴紹介で幌内炭鉱で明治43年生まれとありました。
炭鉱の盛衰と共に生きた方でしたが登川小の記念碑建立はとても喜んでいたそうです。
アメリカ人がドイツでも学び鉱山技術者として日本に渡り千鳥が滝まで足を延し、それが日本人に引き継がれ、貴重な石炭の発見に繋がった歴史のロマンを強く感じさせられました。
ありがとうございました。
  1. 2012/01/09(月) 15:36:34 |
  2. URL |
  3. のぼり川 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/83-90ef2f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。