あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

炭鉱関連地図 (上)

炭鉱や坑口の場所がわかりやすく書かれている地図がありました。
場所はほぼ正確だと思いますが、えっ?というところに坑口があったりします。
たとえば、北高の下の宇治坑というのは、わたし地元でしたが話にも聞いたことがありませんでした。
隅田坑というのは、たぶん富岡の橋の奥にあった坑口でしょうか。
遠幌の奥地の中央竪坑というのも気になります。

本町界隈
86464+64+++5655.jpeg

清水沢界隈
8338938939832.jpeg

南部界隈
8378373783.jpeg

鹿島界隈
69383838383.jpeg

これらの地図を元に、坑口探索を1箇所ごとにしてみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/14(水) 15:24:47|
  2. 夕張地理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<炭鉱関連地図 (下) | ホーム | 夕方の本町商店街>>

コメント

驚きました

ペンケマヤ川の最上流まで到達したのですか。
40年前は歩きやすかったのでしょうか。
熊は大丈夫なんでしょうか。

夕張は、ものすごい山奥に機械が残されていたり、驚かされることが多いです。
情報を参考にさせていただきます。
  1. 2012/04/03(火) 14:13:33 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

北菱の坑口?

北菱の施設と思われる坑口がペンケマヤ川最上流部にあるのをご存知でしょうか?(と、言ってもその場に行ったのは40数年前の事です)地図上では最上流部にて二股に分かれる水線があると思いますが、その車道の無い北側の川沿いにありました。(距離はさほど無いと思います)北菱のズリ山を登りつめると巻き上げ機の建物があり、道筋は
確たるものでしたが稜線を越えて谷方向に下るとその坑口がありました。当然坑口は岩石にて閉鎖されていましたが、位置関係からすると「北菱」の施設に間違いないと思います。(アイヌネギを採りに友人に連れられて行った時分の記憶です)
もちろん「銘板」などもありませんでした。

  1. 2012/04/03(火) 05:50:06 |
  2. URL |
  3. taku_mi #-
  4. [ 編集 ]

驚きますね

坑口地図を作りたいですね。
写真付きで。
宇治坑は間違って記載されているのでしょうか。
どなたか知りませんかね。
もう少し調べてみたいと思います。

他の坑口も情報よろしくお願いします。
探索は来年春以降になるかと思います。
  1. 2011/12/14(水) 22:07:23 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

こんな所に!

宇治坑ですか・・・・・こんな所に坑口が有ったなんて信じられません。
松島坑口はレ-スィの資材置き場の先に有ります。
幸橋を渡ってスグ左の奥 昭和グランドの先の上です。
橋立坑口はゲレンデの下に埋もれて無いと思います。子供の頃 ここのズリ山跡近くに畑が有り 地下で燃えて煙が出て暖かかったですよ。
コ-クス場から新夕張のズリ山の横を抜けて尾根を越えて大夕張まで続く山道が有りました。
尾根までの中間辺りに トロッコの線路の跡が有り コンクリで閉ざされた坑口が有りました。
残念ながら「新夕張と共に」にも記述が有りませんので分かりません。
北高と墓地の位置 ずれていますね。
それと富野の奥に今でも個人掘りされている坑口が有りますが近づくと警戒され追い払われます!。
ピカピカの塊炭が山盛りされていましたよ。
  1. 2011/12/14(水) 18:47:43 |
  2. URL |
  3. ロケットマン #j97DS3eU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/72-5b413d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。