あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二股峠に挑戦

画像 001
栗山から夕張に入る道道3号線(札夕線)。
昭和30年代までは実は、二股峠を越えるこの旧道が夕張と札幌を繋ぐ唯一の幹線道路でした。
昔の地図にはこの道路が表示されています。
ライダーハウス跡から左手に入っていきます。

画像 002
このあたりの雰囲気は、わたしが小学生の頃に探検して通りぬけた35年前と変わっていないと思います。
当事も廃材置き場みたいな場所でした。
人はもっと住んでいたと思います。

画像 003
このアパートの2階にも人が住んでいました。
車をいたずらして遊んでいたわたしたちに、ここの2階の窓が開いておじさんに「こらっ!!」と怒られて逃げましたから。

画像 006
昔はもっと道幅が広くて、建物がもう少しきれいでした。
痛々しい風景になってしまいましたね。

画像 008
20年前は、この道はスープラでも通り抜けできました。
しかしいま入ってみると、途中土砂崩れがあったのでしょうか、1メートルくらいの段差ができていて、その手前にブロックが置かれて通り抜けは不可能な状況になっていました。
雑草もひどくて、とても道があったとは思えないです。
しかし、林道ナビにはしっかり道が鹿ノ谷まで続いています。
いつか、あの頃のように昔の人たちと同じように、ここを通り抜けたいと思っています。

車載カメラの走行動画
[広告] VPS
スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 21:46:31|
  2. 富野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鹿ノ谷の鹿 | ホーム | 終着駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/27-e938be7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。