あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石炭の大露頭

174.jpg
明治21年に、坂市太郎一行が発見した石炭の大露頭。
いまは、天然記念物として北海道指定文化財に登録されています。
石炭の歴史村内、炭鉱生活館のすぐ裏側の敷地内に広がっています。

191.jpg
シホロカベツ川沿いに南側へ、天竜橋に向かって石炭の露出が見られます。
この写真の手前に、穴をブロックで塞いだような箇所がありますが・・・
なにやら折れ曲がった看板もみえます。
193.jpg
『古 洞 天竜坑坑道跡』
歴史館の係の方に確認すると、やはり最初の天竜坑だそうです。
194.jpg
まさに、石炭の露出している部分をめがけて掘り進んでいったのですね。
167.jpg
後の天竜坑。
上の古い坑口は、このすぐ上の露頭のところです。
168.jpg
天竜坑の目の前には坑口神社の跡がありました。
これは昭和になってから作られたもので、最近まで祠も残っていたそうですが、残念ながら祠は数年前のシホロカベツ川の増水で流されてしまったそうです。
199.jpg
明治24年に作られた、第一斜坑の坑口神社(夕張最初の登川神社、のちの夕張神社)とは違います。
その場所は、後日レポートしたいと思います。
178.jpg
昭和15年に、大露頭の真下に模擬坑が作られました。
このように、人の出入りが出来るように扉がついています。
ちょっと開けてみたら、開きました。
中を覗いてみますと、どうなっているのでしょうか。
182.jpg
坑口が見えました。
他は物置のようになっています。
さすがに階段を降りる勇気はなかったので、ここで引き返します。
ここでご紹介してしまい、扉に鍵がかかってしまったらすいません。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/10(金) 09:49:23|
  2. 社光・高松・小松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2012年9月 | ホーム | 現在の真谷地一区>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/05/12(月) 17:06:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/137-e0a73a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。