あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄道開通・義経号と夕張暴動

154555845558787.jpeg
義経号(よしつねごう)
明治13年にアメリカのポーター社から輸入し、弁慶号とともに北海道で最初に走った蒸気機関車。
大正12年に民間工場の入換え用に払い下げとなり改造されて働いていたが、国鉄開業80周年記念事業の一つとして、昭和27年に旧国鉄にて復元されました。
現在でも大阪で展示保存されています。
149522656512212.jpg
当時の夕張川の橋

工事はとても困難を極め、沿線予定地は沼沢地が多く草木繁茂して人道とてなく、材料の運搬は予想外に難攻しました。
河川の上流下流も判別し難く洪水量を測定できなかったため、最初は木で橋を作り水位を見極め様子を見て鉄橋に架け替えられたそうです。
路線変更で北炭社長更迭という問題にまで発展した夕張炭山支線でしたが、明治25年11月1日に追分-紅葉山-夕張の42.5キロの開通に至りました。
開通式は義経号がやってきて盛大に行われたと伝えられています。
1875485265681.jpg
開通翌年 明治26年の夕張駅構内の様子
歴史村駐車場
現在の同じ場所

記念すべき夕張線の開通で走行した義経号が、30年前に小樽に来ていた時の動画がありました。
リンク→ SL義経号が小樽を走る

夕張炭山は、明治25年3月の営業出炭開始、11月の鉄道開通と、にわかに活気をおびていました。
こうした中、暮れも押し迫った12月30日、夕張炭山を揺り動かす大暴動が起こります。
1547555658985.jpg
奈良飯場の工夫数名が炭山採炭所に赴いて、賃金の値上げと米と味噌の貸与を願い出ました。
年が明けて1月3日には、採炭所の石橋所長の自宅に押しかけ同様の願いを申し入れました。
これに対し採炭所は、米と味噌は承諾しましたが、賃金は結論を先延ばしにしました。
工夫たちは引き下がったものの、この要求に加わらなかった大塚・石神飯場に押しかけ糾弾しました。
ご愛嬌で出された酒をたらふく飲んだ工夫たちは勢いに乗って街に繰り出しました。
そこで、博徒の経営する料理屋で客と工夫の一人が衝突し怪我をしました。
それに怒った工夫たちはたちまち料理屋になだれ込み乱暴を働き、勢い街中をまきこむ大騒動に発展してしまいました。
14982582+885.jpg
『放火の方は未遂に終わったが、倉庫を破って米味噌を担ぎ出す、市街地を荒らす、略奪した塩鮭をかじりながら四斗樽の鏡を抜いて酒をあふるなど手も足もつけられぬ狼藉をやった。商家は三昼夜も雨戸を閉めて外へ出なかった。』(風雪六十年)
この騒動に加わった工夫は約300人、首謀者は飯場の親方の奈良・石川だったといわれていますが、新興夕張炭山にとっては予想外の空前の出来事であり、地の底で命を賭けて働く工夫の底知れぬエネルギーをまざまざと見せ付けた事件でした。
まもなく、警官や役人が乗り込んできて暴動は鎮圧されました。

この事件の後、北炭は飯場制を廃止し、工夫の全員直接雇用にするという制度への切り替えを発表し歓迎されましたが、飯場主のピンはね分がなくなったことを考慮して賃金10%の減額をおこないました。
賃上げ願いを保留していた所長の回答は、結果的に逆に賃下げするという驚くべきものでした。


参考資料: 夕張の火は消えず 炭鉱に生きる 北炭七十年史 写真集明治大正昭和夕張 歴史写真集みかさ
スポンサーサイト
  1. 2012/05/08(火) 01:00:16|
  2. 夕張歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鹿ノ谷小学校の幻 | ホーム | 雪解け水の放流>>

コメント

いえ

自分が知りたいなと思ったことを、まとめて羅列してある自己満足なので、そんなに大変な意義のあることとは全く思っていません。
ただ、ネットで検索しても出てこない興味深い歴史が多く、夕張は損してるなと思っていました。
これを機会に少しでも夕張に興味を持って足を運んでくれる方が増えたらいいなと思っています。
夕張人は時々でも夕張に行く理由を見つけてほしいですね。

秀さんも、いつも見ていただきありがとうございます。
興味深い情報があれば、どんどん知らせていただきたいと思います。
  1. 2012/05/13(日) 21:19:23 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

知つて欲しい歴史

小生日本の歴史に興味を持ち僅か乍ら學んで居りますが、日本人として知る可きものは身に着けなければ恥かしき事と思つてをります。
以前亞米利加に留學してゐた女學生が、中國からの留學生に貴女の國は私の國に酷い事をしたと云つたさうです。其の事に日本の留學生は謝罪したさうですが、事實かどうか解らずに謝罪したと云ふ事でした。是れは偏へに己の國の歴史を知らぬと云ふ事です。
他國に比べ自國の歴史を正確に教へる事の出來ない日本の教育に些か問題ありと考へます。
況して郷土の歴史を知らぬ事は他國の人に聞けばあり得ないと云はれました。然し、小生を含め郷土の歴史を學校で學んだと云ふ人は御合した事は殘念乍らをりません。つまり各地域の學校で郷土の歴史を教へる概念は殘念乍ら日本では無いと云はざる負へません。
貴兄の紹介する歴史は夕張に住む、否夕張に拘はる人間に取つて素晴しいものと考へます。

  1. 2012/05/13(日) 19:39:24 |
  2. URL |
  3. 大和の秀 #n5HFqvAU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/122-ddfcab8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。