あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夕張の隣町 - 大和小中学校

国道274号線、夕張の南東、登川の向こう側の穂別町(現むかわ町)の森の中に大和という炭鉱町があったことをご存知でしょうか。
現在は、うっそうとした森林地帯であり、熊の出没もみられる人気のない場所です。
画像 031
地名は穂別稲里道有林番外地といいます。
画像 032
大和地区は稲里の北部に位置していて、夕張登川にも穂別中心地にも、どちらにも遠い全くの山の中でした。
ここに、北炭平和鉱業所より租鉱権を受けた大和鉱業株式会社の稲里炭鉱(通称:大和炭鉱)が開発されたのが昭和32年でした。
8745454545454544.jpeg
大和炭鉱

昭和43年1月25日に閉山するまで約10年間の採炭期間でした。
閉山時、鉱夫は166人、地区全体では約300人くらいの住人が生活されていたのでしょうか。
大和炭鉱の開発に始まり、閉山でほぼ無人になってしまった地区でした。
画像 060
現在の大和炭鉱跡地への道。
いまは、かつて開発が行われた地域とは思えない様子ですが、ところどころにコンクリートの塊があり、消えた炭鉱町の面影を残しています。
Map11.jpg
開発当初は、大和炭鉱の関係者は登川に居を構え大和まで通勤していたそうです。
従業員の子弟は登川の学校に入り、大和に住んでいた約30余名も登川の小中学校に炭車に便乗して通いました。
約10キロ南に穂別町の稲里小中学校がありましたが、その道は悪路と泥濘で、とても子供が歩けるような状況ではなかったのでした。
昭和33年の秋頃から、大和に炭鉱事務所や社宅が建設され従業員の家族の招致も行われ人口が増えましたが、子供たちは引き続き登川の学校に通っていて、正月を迎える頃には約90名の児童が大和から登川小中の学校に通うようになっていました。
465412598451147878.jpg
大和地区全景
画像 018
大和地区に入る旧道

穂別町も大和地区に学校設置と教員の配置の陳情を受け、適当な施設を探していました。
そんな中、夕張市の教育委員会から穂別町に対し、児童の委託についての話し合いがあり、児童1人あたり2500円と登川小学校の増築費用150万円が請求され、これに応じない場合は児童の引き取り方について厳重な申し入れがされるという事態が起きました。
これにより、分校設立が決定され、穂別小学校の大沢勘太郎教諭が設立事務を任され3月23日に着任しました。
44516411544511.jpg
初代校長 大沢勘太郎先生 (閉校まで勤めました)
画像 077
※分校開校当時に暫定校舎があった場所。現キャンプ場入り口付近。
4462629+59821124.jpg
※分校が暫定開校した豊進部落会館(2階)と倉庫(1階)
46844444125555.jpg
※同じく暫定校舎として買い上げた、苫小牧林務署の造林小屋。

昭和34年、豊進開拓団の会館と倉庫等を利用して4月1日開校を目指しましたが、融雪期の悪路で稲里からの資材の搬入が間に合わず、4月10日にようやく開校式をあげました。
大和からこの豊進の暫定校舎までは南に約3キロの道のりがあり、豊進-稲里の道よりなお悪い道で、徒歩でしか通行できない状態でした。
教室で使う机やイスは、登川から大和まで運搬されたものを、高学年の児童や父兄が背負って暫定校舎に運びこんだそうです。
そして同年9月20日、大和鉱業所エリアについに仮校舎が完成。
昭和35年4月に稲里分校から独立し、大和小中学校となりました。
昭和38年に校舎新築完成しました。
856124112165441.jpeg
大和小中学校

最盛期には小学校6学級、中学校3学級、教員13名、児童200名を超える規模となっていましたが、大和炭鉱の閉山により昭和43年3月31日に閉校となり9年という短い歴史の幕を閉じました。
画像 044
上の写真とほぼ同じ角度の現在の校庭
山の稜線が一致しています。

画像 025
すぐ付近には大和の名を冠した橋があります。

画像 008
大和小中学校があった二段になった高台。

画像 013
雪解け水で増水した川を渡らなければなりません。
壊れた橋げたが、昔は橋がかかっていたのを物語っています。

画像 035
川を渡ってすぐに小さな石碑があります。
町への上り口の木のそばです。
この坂道の奥には住宅が並んでいて、スーパーや神社もあったそうです。

画像 038
石碑の裏面。

[広告] VPS

[広告] VPS

44441187211551.jpg
大和小中学校は1学級25名前後で編制され、先生たちは新進気鋭の粒ぞろいで過保護なくらい個々人の教育に精魂打ち込み、学力試験や高校入試では立派な成績をあげ、開校以来1名の非行児も出さなかったそうです。
大和炭鉱の閉山により閉校を余儀なくされた、往年の大和小中学校の隆盛の記憶でした。

画像 064
大和小の本校であった稲里小学校も既に閉校していました。
子供の名前が書いてあるので、最後は児童4人だったということでしょうか。
大和の子供たちが通った夕張の登川小学校も、昭和61年に閉校しています。
何もかも、遠い昔のおとぎ話のようになってしまったようです。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/22(日) 00:12:23|
  2. 楓・登川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<中国人労務者の墓 | ホーム | 祈願塔と地蔵尊>>

コメント

いろいろありがとうございます

何もわからない山の中に、こんなに人々のドラマがあったとは想像していませんでした。
国道274号線を通過する方々にも、このような歴史のあった場所だと気がついてほしいですね。
石碑も国道から見えますから。

秀さん他みなさんのご協力により、有意義な仕上がりになったかと思っています。
またいつか、ここを訪れて往年の町並みを探してみたいと思います。
  1. 2012/04/25(水) 18:40:03 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

是で大和の歴史が蘇る。

「学力試験や高校入試では立派な成績をあげ、開校以来1名の非行児も出さなかったそうです。」と有りますが、小生の記憶では學力試驗の成績は常に全道首位にありました。亦、非行兒は居ませんでしたが、小生のやうな(問題兒)者が數名先生達の手を妬かせてゐた事は有りましたので右文章は少々耳の痛ひものです。然し、小生の尊敬する坂本龍馬も幼少時代は相當な問題兒だつたやうです。尤も小生は坂本龍馬のやうには成れないと思ひますが。
小生單なる問題兒、未だ變はらずです。
  1. 2012/04/25(水) 18:18:04 |
  2. URL |
  3. 大和の秀 #n5HFqvAU
  4. [ 編集 ]

覗く度に

内容が充実していきますね。
一級の資料と言えます。
  1. 2012/04/25(水) 12:33:59 |
  2. URL |
  3. ロケットマン #j97DS3eU
  4. [ 編集 ]

いえいえ

とても充実した訪問でした。
地元の方とは時間帯があわなくてご一緒できませんでしたが、きっといつか尋ねてみたいと思っています。

内容はできるだけ正確に伝えていきたいと思いますので、大和小中学校の卒業生の秀さんにもう少しご指摘していただきたいです。
本文も直していきますので。
長くなりそうでしたら、メール直行便のところから直接メールしていただいても結構です。
よろしくお願いいたします。
  1. 2012/04/22(日) 22:50:42 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

ありがたうございます。

 初めまして、ロケツトマンさんの御案内に誘はれ覗かせて戴きました。
 小生、ハンドルネーム大和の秀にて夕工の先輩夕張っ子さんの夕樂帳に、忘れた頃に出現する災害のやうな愚か者です。
 扨て、今囘ロケツトマンさんの御案内に大和の事を探索紹介されてゐるとのこと、早速覗かせて戴きました。
 小生、小學校弐年に大和に行き、高校弐年迄大和に在住しました。正直申し上げまして、多少誤認の處ありと思ひますが、鳥肌が立つ程感激しております。
 大和炭鑛閉山と共に廢校となり、當然輯落も消滅、月日の經過と共に誰一人訪れる事も無く忘れ去られてゐた處でした。
 大和に暮らした人間として感謝申し上げます。本當にありがたう御座ひます。
  1. 2012/04/22(日) 22:22:42 |
  2. URL |
  3. 大和の秀 #n5HFqvAU
  4. [ 編集 ]

もう少し

雪解けが進んでいたらよかったかなと思いましたが、ある程度の様子はわかったような気がします。
ネットでは大和の情報が少なくて、学舎の風景や秀さんの情報を集めて、穂別町史も用意してまとめました。

ロケットマンさん
これが、この地域で生活されたみなさんの記録として少しでもお役に立ってもらえたらと思います。

piroさん
大和の読み方ぜんぜん気にしてませんでした。 単にローマ字読みを作った人の間違いということもありますね。
川の名前を思い切り間違えているプレートを橋につけているところもありますから。
  1. 2012/04/22(日) 11:06:31 |
  2. URL |
  3. tomato #-
  4. [ 編集 ]

詳細ありがとうございます

ここは本当に何処にあるのか探しました。現在は立派な国道が夕張から貫いていますが、そこに見つけられない理由があったのでしょう。もっと山奥だと思っていたので以外でした。当時は山奥だったのでしょうけど。

ここ「ダイワ」小中学校なのですが、何故か唯一の名残?大和橋は「ヤマト」橋ですよね。謎だ。
  1. 2012/04/22(日) 08:17:23 |
  2. URL |
  3. piro #gIjqKKIU
  4. [ 編集 ]

穏やかな春に

住所が夕張ではないけれど強い繫がりの有った大和の存在が記録に残りました。有難う御座います。
  1. 2012/04/22(日) 07:47:10 |
  2. URL |
  3. ロケットマン #j97DS3eU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabigeinintomato.blog.fc2.com/tb.php/115-ce0d4b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。