あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現在の真谷地一区

無題
沼ノ沢から線路を渡ると、袋小路の町 真谷地があります。
こんな山奥に町があったなんて・・・そう、ここも炭鉱で開かれた場所でした。
山奥から沼ノ沢に向かって、一区、二区、三区・・・と呼んでいました。
往年には炭鉱住宅が立ち並び、人々の生活の場として学校や商店もあり、盆踊りも行われていたそうです。
今回は最深部の一区の現在の姿を確認してきました。
画像 117
二区のゲートをくぐり、坂道を進みます。
当時は当然ながらゲートはありませんでした。
画像 036
最初のカーブのところです。
年期の入った土留めの壁が迎えてくれました。
画像 035
道の右手は、このように目もくらむ崖になっていて、正面の山の上には真谷地神社と真谷地小学校がありました。
低地に見える木材置き場は、かつては住宅が並んでいました。
画像 034
道のわきの側溝のコンクリートが、人が生活していた痕跡を残しています。
画像 033
案内標識も残っていました。
画像 029
ゲートを過ぎて10分ほど坂を上ると、広い住宅地跡と思われる場所に出ました。
画像 031
ちょうど上の航空写真の住宅が並んでいた道です。
狭い崖の道を過ぎて、こんな広い丘に出るとは、何かの行楽地として開放するとかゲートで通行止めにしておくのがもったいない気もします。
画像 032
住宅の土台に段差をつけていた痕跡が残っています。
ここが一区の住宅地であったことを物語っているのですね。
画像 030
ここも盛り土をしたか、または地面を斜めに削ったか、人工的に平地を整備したような痕跡だと思います。
公園かグランドだったのでしょうか。
画像 028
真谷地一区は、青空が近い自然に囲まれた天空の丘の上のオアシスに見えました。
この道を更に進むと下りになり、上の沢という集落があったそうです。
いまは、住宅や建物など皆無な森の中となり、舗装されていなかった当時の道は廃道化して雑木林に変わってしまっていました。
100年後の人たちは、ここが住宅地だったのだと気がつくでしょうか。

ちなみに、清水沢の居酒屋ともゆきのご主人は、ここ真谷地一区のご出身です。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/16(月) 21:52:34|
  2. 真谷地
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

小鳩保育園の物証

045.jpg
ここは、小鳩保育園の跡地です。
社光と高松の間、先日のプトマチャウンぺ沢のところにありました。
つい数年前まで園庭の遊具は残っていました。
小鳩
当時の社光、赤い屋根の小鳩保育園の姿です。
現在の建物の位置を入れましたが、住宅がすべてなくなり、今は公園のようになっています。
道筋だけは現在も確認できます。
航空写真なので平地に見えますが、左上から右下に向かって驚くべき急な登り坂になっています。
640929_1341701108.jpg
赤い〇が小鳩保育園 (ロケットマンさんの画像投稿)
640929_1341701029.jpg
赤い〇が小鳩保育園 (ロケットマンさんの画像投稿)
保育
小鳩保育園かどうかはわかりませんが、当時の夕張の保育園の様子です。
048.jpg
現在の夕張駅前にある飲食店街屋台村の飾りに、本物の小鳩保育園の看板を見つけてビックリしました。
どこにあるかわかりますか?
047.jpg
この看板は、なぜか鹿ノ谷小学校に保管されていたのを見たことがあります。
ここのオブジェとして使われていたのですね。
今となっては、小鳩保育園の現存する唯一の物証となりました。

昭和28年4月1日、部落会により社光保育園として二区に開園したのが小鳩保育園の前進だと思います。
定員90人、職員9名の常設保育園でした。
夕張では7番目の保育所で、遠幌保育園、すみれ保育園(清水沢)と同時開園しました。
小鳩保育園は平成11年まで開いていました。

往年には無数にあった保育所ですが、現在は、新夕張保育園(末広)、清陵保育園(清水沢)、沼ノ沢保育園、紅葉山保育園、緑ヶ丘保育園(鹿ノ谷)と、市立ユーパロ幼稚園(清水沢)の施設が現存しています。
滝の上季節保育所も現存しているようです。
  1. 2012/07/07(土) 20:53:01|
  2. 社光・高松・小松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。