あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鐘ヶ渕のダム

清水沢ダムが出来る以前、あそこは鐘ヶ渕と呼ばれ市民の憩いの場所でした。
水が深くなっている鐘ヶ渕は、釣りをする人、水遊びをする子供たちの格好の遊び場でした。
昭和13年12月、ダムと水力発電所がここに建設され、辺りの様子は一変してしまいました。
鐘ヶ渕にダムが建設される当時の様子がわかる貴重な写真がありましたので、綴ってみたいと思います。
1126.jpg

1129.jpg

1122.jpg

1123.jpg

1124.jpg

1125.jpg

1127.jpg

1128.jpg

1132.jpg

1130.jpg

1131.jpg

1133.jpg

1134.jpg

1135.jpg

1136.jpg

1137.jpg
この頃を知っている方が、ほとんど居なくなってしまった現在。
鐘ヶ渕という名称と歴史を記憶に残して語り継いでいきたいものです。
ちなみに、現在上流に建設中のシューパロダムが完成すると、この清水沢ダムは役目を終え放流状態にするそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 09:58:41|
  2. 清水沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕張最南端へ

夕張市の北端や南端、東端や西端はどこまでいけるのでしょうか。
みなさんは考えたことありませんか?
北端は大夕張の北にあるトンネルでしょうか。
東端は夕張岳までいけますね。
西端は日の出から富野に入る、札幌方面からはよく使う道道3号線ですね。
南端は、はたしてどこまでいけるのでしょうか?
南端
地図で見た限りでは、滝の上あたりから南に向かって道路があります。
由仁町との境界に沿って道路が延びていて、○で囲んだあたりまで道はあります。
どんな道かはわかりませんが、行けるところまで行ってみましょう。
102.jpg
国道274号線から、その道の入り口に来ました。
滝の上と十三里の中間くらいです。
100.jpg
付近にはバス停があります。
オソウシ入口・・・何のことでしょう?
松浦武四郎が宿泊したと夕張日誌に書かれていた”於曾牛”ですね。
カタカナだと何のことなのか一瞬わからなかったです。
この道の先に於曾牛があるのでしょう、行ってみます。
103.jpg
道道夕張厚真線!!驚きました。
厚真町まで繋がっている近道なのでしょうか。
路面凹凸あり 通行注意 というのが近道ではないことを物語ってはいますが。
一応、道道1065号線だそうです。
105.jpg
少し進むと夕張川にあたり、この橋を渡りました。
於曾牛というのは、渡ったこちら側の場所の名称らしいです。
住宅が見えるのはここまでですが、この先に何かあるのでしょうか。
行ってみましょう。
106.jpg
橋を渡ってすぐに危険な兆候が現れます。
舗装道路はここまでのようです。
107.jpg
広大な自然が広がる静かな場所です。
108.jpg
道路脇に、どこかに行ける小さな橋がかかっていました。
111.jpg
その橋から道路の探索車を見ると、この圧倒的な大きさの自然です。
実際はもっと迫ってくる大きさです。
1121.jpg
道沿いに不思議な祠があります。
何があるのか確認します・・・
118.jpg
祠に登る道がついていたようです。
どなたかが整備されているのでしょうか。
127.jpg
祠は新しいですね、右の石碑は歴史を感じさせますが・・・・
119.jpg
調べてみましたら、大照不動明王碑という明治44年建立で、滝の上の千鳥が滝の発電所取水口あたりにあったものだとわかりました。
平成になってから、こちらに移されたようです。
明治の頃、手塩で開拓農業に入っていた横沢シモという女性の枕元にある日、大照不動明王が現れ「夕張の滝の上に霊場にふさわしい滝がある」というお告げをしたそうです。
信心深かった横沢さんは一家で滝の上にやってきました。
当時、このあたりはうっそうとした密林地帯で、どこに滝があるのかもわからない状況だったので、小さなお堂を作って毎日お祈りをしていたところ、ある日数千羽のカラスが横沢シモさんを誘導するかのように飛んでいく方向に向かってみると、枕元で見た千鳥が滝を見つけたそうです。
この不動明王の物語を記念して、明治44年8月28日に建立されました。
その後、横沢シモさんは祈祷師として信者を集め、昭和17年まで滝の上でご存命だったそうです。
このような歴史を、ここで見つけることになるとは思いませんでした。
124.jpg
祠の裏に、小さな馬頭観音がありました。
いや、不思議すぎてこの世でないみたいです。
先へ進みましょう。
129.jpg
木が生えていない坂で、古い土留めの施工がされています。
どんな歴史があるのでしょう・・・
128.jpg
道沿いを流れる於曾牛川です。
川の流れは道の左右に現れてきて、いくつも橋が架かっています。
153.jpg
155.jpg
144.jpg
わりと最近作られた橋もあり、驚きました。
130.jpg
かなり奥までやってきました。
ナビではほとんど夕張の南端に迫っているのですが、境界はわかるでしょうか。
131.jpg
「これより林道」
今までは林道でなかったことに驚いてしまいました。
132.jpg
ああ、ついに行き止まりになってしまいました。
しかし、境界線はこのあたりにある川のようです。
歩いて進んでみます。
141.jpg
少し進むと川がありました。
これがピッタリ境界線の川です。
133.jpg
この橋のここが、夕張最南端の道路になります。
向こう側は由仁町です。
この先はあまりにも危険なので、夕張最南端の探索はおしまいにします。
  1. 2012/06/24(日) 23:39:38|
  2. 十三里・滝ノ上
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プトマチャウンべ沢の出現

その昔、社光と高松の間にプトマチャウンべという大きな沢があったそうです。
明治期に採炭が始まるとズリ捨て場として堆積し地形を変え、沢はほぼ埋め立てられていたのですが・・・
037.jpg
わたしが以前来たときは、ここは細い川が流れていた平坦な地面でした。
わかりますでしょうか、地面が大きくえぐられ沢が出現しているではありませんか。
今年の大雪の雪解け水の濁流で地面が崩壊して、昔の沢の面影が現れたようです。
この上流500mくらいのところには白糸の滝がありますが、崩れた地面の端を歩く気になれないので、今回は取りやめます。
039.jpg
接近してみます。
画像ではわかりずらいですが、深さは4メートルはあるでしょうか。
足元を見ているとクラクラしてくる高さです。
038.jpg
ここは平地だったところで、普通に歩いて細い川をまたいで向こうにいけました。
なんということでしょう。
昔のコンクリートの資材なども流されています。
041.jpg
手前のこちら側の土地は小鳩保育園があったところで、園舎があったすぐ後ろの地面が大崩壊している状況です。
044.jpg
このプトマチャウンべの沢は、夕張炭山開発当初、社光・高松から福住を結ぶ吊橋(天竜の吊橋)もあり人々が行き交う町の中心地点であったそうです。
飯場、浴場、商店、巡視詰め所が建ち、社光には資材倉庫が立ち並んでいたそうです。
白糸の滝とは別に、シホロカベツ川との合流点には「センキの滝」という滝もあったそうですが、昭和29年4月の大雨と雪解けでズリ山が崩壊し埋没してしまったそうです。
また、この滝の付近には大井坑の竪坑が大正6年から14年まであったそうです。

明治の開発当初、この沢に飯場を持っていた松尾国太郎は、この沢でアイヌの居住跡を発見していたそうです。
アイヌがこの地域に具体的に居住していたお話は「丁未-せんの木物語」でご紹介したとおりです。
この沢はアイヌにとって、千歳・長沼馬追方面から夕張岳から日高・十勝方面へと抜ける重要な交通拠点であったと考えられています。

昔のように、もうズリ捨てが行われることもないので、このまま沢は深く削られ、炭山開発前の姿に戻っていくのでしょうか。
自然の不思議な力だと思います。
  1. 2012/06/17(日) 21:13:57|
  2. 社光・高松・小松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。