あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

登川村のはじまり

夕張という名が、行政面に現れたのは明治元年7月26日の開拓使触書です。
北海道を11の国に分け、そのうちの石狩国の中の7郡のうちのひとつでした。
石狩郡、札幌郡、樺戸郡、空知郡、雨竜郡、上川郡、夕張郡の7つでした。
59865654464555.jpg
国が決められたとはいえ、この当時北海道の人口は和人10万人、アイヌ2万人と推定されており、そのほとんどは道南の海岸に集まっていて、札幌でも家が2軒あっただけで北方内陸はほぼ無人の山林地帯でした。
石狩国内の郡の境界は、松浦武四郎の地図にテープを貼って決められ、夕張郡は明治2年8月に高知藩の支配地となりました。
しかし、夕張郡では何も手を付けないうちに、明治4年8月北海道すべてが開拓使直轄になり支配地は返上させられました。

明治7年2月15日より、石狩国は9つの大区に分けられ夕張郡は第9大区となりましたが、定住者はいませんでした。
明治12年7月には郡区制がしかれ、石狩の親船町に石狩国合同の郡役所がおかれ、夕張郡はここの管轄になりました。
9955555589898+.jpg
明治15年に開拓使が廃止され、札幌県、函館県、根室県がおかれ、17年に札幌にあった郡役所の管轄に移りました。
しかし、この頃の北海道の全人口は26万5千人で、そのうち15万人が函館県であり、根室県に至っては17000人という人口格差で3県体制がほぼ機能していませんでした。
※明治元年から1年間だけ函館府が置かれたり、明治4年から1年間だけ松前の一部が青森の弘前県に編入されたり、北海道の扱いがまだまだ定まっていなかった時代を感じさせます。
8877++4+444+4+.jpg

県議会も役所も正式に設置されないまま、明治19年2月で3県が廃止、変わって北海道庁が置かれました。
この頃、農業開拓が始まっていた岩見沢には戸長役場が置かれました。 のちに夕張はこの岩見沢戸長役場管轄になります。
しかし、この時点では夕張は無人であり、坂市太郎が大炭層を発見するのが明治21年です。
848989595551.jpg
明治22年10月、北海道炭鉱鉄道会社が創立、夕張炭山にも数件の人家が建ち、ここに集落としての人の集まりが開始されました。
明治23年6月27日、現在の住初に夕張採炭所がついに完成。(上写真 赤〇)
社宅や事務所も住初に建てられました。
鉱夫130名を就業させて開坑に向けて着手しました。
同年8月7日、夕張郡登川村(夕張の旧名称)が告示され、岩見沢役場の管轄になりました。
村代表の総代人は、阿野呂 (現二股継立が登川村にはいっていた) の林梅五郎と、採炭所事務主任だった大塚永太郎でした。
建前は選挙で総代人を選出することになっていましたが、実際には官選で決められたものだったようです。

※当初、登川村の役場があったのは岩見沢であり、集落としては現在の本町以北の夕張炭山といわれた地区が登川村中心地であり、その開発で人々が集まっていました。
現在の登川とは地域が異なるものです。(登川村南東部に三井鉱山としては村唯一の三井登川炭鉱が明治42年に開坑しており、大正9年に登川村から夕張町に変更されても三井登川炭鉱の名称は残り、そのまま現在の地域に登川が定着したものと思われます)
7765656555555.jpg

同年、鉄道は室蘭線が着工され空知を目指していました。
翌、明治24年末には、登川村の人口は65戸307人になりました。
隣の角田村は168戸505人、由仁・栗沢・長沼合わせて68戸290人でした。
この頃の日本の人口は約4000万人でした。

※登川の名前の由来は?
アイヌ語のヌプルベツ(濁った川)がヌプル川→登川 のようです。
登別もヌプルベツが語源だそうです。
※明治21年から24年までの日本の主な出来事は、大日本帝国憲法、第1回帝国議会、電話創業開始などです。
※昭和56年発行の写真集には、「最初の夕張採炭所跡は現在はテニスコートとして使用され、採炭所の石造りの倉庫は現存しています。」と書かれていまして驚きます。 現夕張神社の南側にあったそうで、現存していれば夕張最古の建築物となりますが確認していません。
256555656597995.jpg
■昭和51年 航空写真  夕張で最初の採炭所付近

参考資料 : 夕張市史
  1. 2012/03/01(木) 02:34:57|
  2. 夕張歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。