あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

ベンジャミン・スミス・ライマンの登場

4484+4747444+4.jpg
ベンジャミン・スミス・ライマン 1835年12月11日生 - 1920年8月30日死去
アメリカ人鉱山学者。 日本名 来曼
1835年にマサチューセッツ州のノーサンプトンで出生。ハーバード大学を修了後、ドイツフライベルクのフライベルク鉱山学校(現在のフライベルク工科大学)で鉱山学を学んだ。
ペンシルベニア州、インドなどの石油調査を終えたのち、明治5年に日本に招かれた。
炭鉱都市としての夕張は、この人物の地質調査により始まりました。

徳川幕府の時代、ロシアの南下政策は、カムチャッカから千島列島、1771年にはついに蝦夷を伺うとの情報に接し、幕府は北方の警護と調査を強化して対抗しました。
松浦武四郎が活躍したのはこの後の時代でした。
1853年(嘉永6年)ペリーの黒船来航により、下田・函館を開港することとなり、北海道の様相も一変することとなりました。
474555411325454.jpg

水・食料・石炭を函館で外国船に供給することとなった幕府は、1856年(安政3年)まず最初に白糠炭鉱(釧路)が開発されました。
1861年(文久元年)には芽沼(現在の泊村)で炭層を発見、1868年(慶応3年)に本格的に開坑しました。
これにて十分な石炭を外国船に供給できるようになりましたが、それまでは九州から函館までわざわざ石炭を運搬して供給していたそうです。

まもなく明治新政府ができ、北海道開拓使がおかれました。
開拓使長官の黒田清隆が自ら渡米して、時のアメリカ大統領グランドに開拓の技術指導者の派遣を要請しました。
アメリカ人指導者ケブロンとアンチセルが派遣され、北海道を広範囲に鉱山と鉱床を調査し、初期の鉱山施設に多くの改善を加えました。
4121544.jpg
北海道開拓使長官 黒田清隆

明治6年2月、ケプロンの推薦で、アンチセルの後任としてベンジャミン・スミス・ライマンが地質学と鉱山技師とを兼ねて任命されました。
ムンローとともに日本人13人の助手を指導し、その後3年間に渡って北海道の地質調査を行ったのでした。
このころまで日本には地質学がなく、この調査は日本で最初の地質調査でした。
調査の目的は、石炭、油田、鉄、金、硫黄など重要鉱産資源でした。
芽沼、幌内、静内、石狩、美唄、奈井江、空知川流域などを調査し、「北海道地質総論」「日本蝦夷地質要路之図」としてまとめられました。
68+6+9555+6+5.jpg

ライマンの調査方法は現在では普通の方法となっているそうですが、その当時では最もすぐれた方法であり、その精力絶倫な行動と調査速度は驚くべきものであったそうです。
ライマンの指輪にはコンパスが付いていて、これを地図と照合して、恐ろしいほどの脚力でドンドン走るように測量して、鉱床調査や埋蔵量の見積もりなど全く一瞬で出来上がったそうです。
3254454141445.jpg
「日本蝦夷地質要路之図」

■■未開の森に向かうライマン■■
明治6年のこの年、ライマン一行は夕張川を舟で遡りました。
この上流に大きな炭層があると確信していました。
しかし、滝ノ上付近でけわしい岩壁に行く手をはばまれ、どうしても進むことができませんでした。
ここでライマンは、やむなく引き返したのでした。
これは、松浦武四郎の舟の行く手をもはばんだカムイコタン(千鳥が滝)でした。
この一行に同行していた開拓使農学校の学生であった坂市太郎に、次のような言葉を残したのである。
「今はやむなくここから引き返すが、一大炭田は必ずこの上流に続いているに違いない。これは地質の関係より推察して確実である。機会を見てぜひ詳しく調査するように。」
画像 025
また、鉱山開発の資本についてライマンは、北海道炭の報告が世界に公布されれば、外債を募るのに有利であり、利息一分を減らすことが出きれば3億円の公債にたいして300万円の利益となり、調査費用などまったく問題にならないと経営指南までしています。
この時のライマンの調査により幌内炭鉱(三笠)が開坑しました。
それまで北海道炭鉱の中心は芽沼炭鉱でしたが、石狩炭田に移行し空知の大きな飛躍発展の基礎となったのでした。
0544464444565.jpg

帰国後はペンシルベニア州地質調査所次長に就任し、1895年に同所を退職、再訪日することを望んでいたが赤痢に悩まされ訪日できずにペンシルベニア州チェルトナムで1920年に亡くなりました。84歳。
  1. 2012/01/09(月) 05:06:39|
  2. 夕張歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北炭化成工業所

489+9+55+5+5.jpg
日吉のユーパロの湯の付近は、昔は北炭の大規模な化成工業所がありました。
夕鉄のΩ(オメガ)カーブが見えます。
写真向こう側は千代田の山肌でしょう。

明治35年に北炭が追分にコークス工場を設立し、続いてこちらにコークス工場を建設しました。
昭和9年に化成工業所としてリニューアルしましたが、戦時中は夕張製作所に譲渡しました。
昭和19年4月に再び接収し、石炭化学分野で本格的な幅広い生産活動をしました。
後期には、石炭液化の近代的工場もありました。
夕鉄の若菜駅から運搬用専用線も接続されていましたが、時代の移り変わりとともに昭和53年に閉鎖されました。
化成工業所の閉鎖後は、石炭技術研究所の石炭ガス化試験工場として使用されました。

幸福の黄色いハンカチで、クライマックスで高倉健が「北炭の工場の前を大きく左に曲がり、ずっと登り坂だ」と言った工場は、この化成工業所のことです。
654456451655556.jpg
ソルベー式コークス炉
6544++6+545.jpg
コークスの窯出し
6544644444+44.jpg
ベンゾール工場
989887445644+4+.jpg
石炭酸工場
~北炭70年史から

現在の化成工業所跡
大煙突の1本だけが残されていて、隆盛だった往年の姿を後世に伝えています。
昭和35年 建造
高さ63メートル、地面側直径5メートルという巨大煙突です。
ネットの一部では高さ30メートルという説がありますが、完全に間違いだと思います。
画像 060

◎追記
2009年11月11日
埼玉県戸田市に本拠を置く脱臭装置製造「北炭化成工業」は、11月6日付で埼玉地方裁判所へ破産申請を行い倒産したことが明らかになりました。
1963年に「北海道炭礦汽船」の石炭化学研究所における、脱臭剤・脱臭装置の開発を前身として、1965年に設立。
活性炭吸着装置など「炭」を触媒にした脱臭装置に強みを持つほか、生物脱臭装置、薬液洗浄塔、触媒燃焼脱臭装置、回転蓄熱式燃焼脱臭装置等も製造し、2000年に起きた三宅島噴火の復興活動に同社製品が使用されるなどして、知名度を上げていました。
しかし、景気悪化により売上が減少したことに加えて、取引先の倒産により不良債権を抱え込んだことで資金繰りが逼迫し、今回の措置になった模様。2009年6月末時点での従業員数は56名。
東京経済ニュースによると、負債総額は約22億円。
  1. 2012/01/07(土) 03:10:56|
  2. 常盤・若菜・日吉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

沼ノ沢神社

画像 044
沼ノ沢三部、沼ノ沢小学校(緑小学校)の奥に沼ノ沢神社があります。
明治35年9月建立。
当初は北側の一部に建立されましたが、その後七部に遷され、明治45年に現在の地に遷されました。
画像 047
元旦前の神社でして、とても静かです。
画像 049
手水舎は大正時代の物です。
境内には石碑がいくつかありました。
どれもかなり古い碑で、歴史を感じさせます。
画像 052
3つとも馬頭観世音でして、2つは大正元年と大正2年に建立されたものだそうです。
小さい碑は建立年不明ですが、一番古そうです。
元々は、沼ノ沢橋の手前の山頂に建立されていたのを、昭和34年にここに遷されたそうです。
当初は3つ並んで置かれていたのを、平成になって石野伊太郎建立の碑だけ台座を新しくしてありますが、ご子孫が用意されたのでしょうか。
沼ノ沢の発展は真谷地炭鉱によるところが大きく、また林業農業と馬は欠かせない動力でした。
画像 053
忠魂碑は、建立年不明。
陸軍中将正四位 勲一等功三級 内野辰次郎書。
元々は六部公園の丘に建立されていたのを、昭和28年7月にこちらに遷されたようです。
日露戦争後、当時は沼ノ沢には在郷軍人会がなかったことから、有志により戦没者の霊を慰めるために建立されたようです。
この碑も、平成になってから台座を新しく建て替えたようです。

沼ノ沢の歴史が数多く残されていた神社。
元々は、一部と七部のどこにあったのか。
馬頭観音と、忠魂碑は元々どの場所にあったのか。
だんだん調査すべき対象が増えてきて、解決しない課題が山積みになってきました。
  1. 2012/01/02(月) 23:31:29|
  2. 沼ノ沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。