あの頃の夕張を求めて

澄みきった空気、山並みに囲まれた豊かな自然の中で、炭鉱で開かれた先代の営みの上に、貧しくものびのびと成長した、そんなあの頃の夕張を探す画像ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

錦沢遊園地

4555258522+569+.jpg
錦沢遊園地  写真「大崎盛 写真集」より

春の訪れとともに見事な桜花が夕張を代表する名所であり憩いの場でした。
最盛期には、飛行塔、木馬16頭、豆電車、豆自動車、つり堀、ボート12槽、小動物園、桜約300本、四国新八十八ヶ所、錦沢教会三十三ヶ所、錦沢寺などがあり、夕張鉄道錦沢駅は一日当たり乗降客数6千人もあったほど盛況の地でした。
昭和8年5月に開園し、昭和45年に閉園しました。
47145445.jpg
大蛇の沢をせき止めて池が作られ、ボートを乗ることができました。
夕張鉄道の錦沢駅があり、経営も同社でした。
478454464.jpg
急勾配の路線をスイッチバック方式で2回折返して登るのが特徴でした。
4771154+45.jpg
現在の航空写真に当時の写真を重ねて地形を一致させてみますと、このようになります。
449841454.jpeg
赤い線が夕張鉄道の路線で、今でもスイッチパック方式の形が遊歩道としてそのまま残っています。
新しく開通した道道3号線から遊園地跡に向かうには徒歩で30分程度でつきます。
グーグル地図で「錦沢公園」と表示されている位置は間違いです。
画像 041
道道からの入り口には交通安全のお地蔵様があります。
旧道に建立されていたものが移設されたものです。
さあ、道路を向かい側に渡って錦沢に行ってみましょう。
画像 070
こちらが入り口になります。
きれいに舗装されていて大丈夫そうですが。
画像 043
少し進むと、道が怪しくなってきました。
画像 044
サイクリングロードの看板です。
以前は、夕鉄の線路跡を富野から社光まで自転車専用道路として活用されていました。
画像 045
いやこれは、笹薮が覆いかぶさり、道がわかりずらくなってきました。
画像 046
あ、ここは最初の折り返し地点です。
当時の線路跡に忠実に舗装されているのが嬉しいですね。
画像 048
折り返し地点から少しすると、何か見えてきました。
ついたのでしょうか。
画像 064
到着しました。
奥に石碑が見えます。
画像 052
錦沢遊園  昭和八年五月  金谷山人
このように刻まれています。
こんな山奥で歴史を語り続ける石碑を、未来の人たちは気がついてくれるでしょうか。
画像 049
大看板が残っていました。
画像 058
サイクリングロードの休憩場所跡として、現在も面影を残している錦沢遊園地でした。
画像 065
まだ桜が咲いていました。
当時も同じ花を咲かせていたのでしょうか。
画像 072
「次は、錦沢、錦沢です。」
切符から当時の声や賑わいが聞こえてきそうです。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/21(月) 11:34:28|
  2. 富野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新札夕線の橋

札夕線とは、道道3号線札幌夕張線のことです。
札幌市中央区大通東7丁目から夕張市若菜までの42.5キロの道です。
平成19年に錦沢を通過する新道路に付け替えになりました。
二股のあのカーブがなくなってホッとしたのもつかの間、逆にあのカーブを走りたいです。
あれは夕張名物でしたね。
画像 104

新道道の4つの橋にはそれぞれ名前が付いています。
夕張に縁のある4人の有名人の自筆の文字をプレートに起こしたものだそうです。
画像 096
トンネルに近い橋から順番にご紹介します。
最初は『錦春橋』です。
ご存知、清水沢出身の双子のリリーズです。
なかなかしっかりした字を書きますね。

画像 098
次の橋は『錦夏橋』です。
大黒摩季さんです。
夕張支援のコンサートに出演されたのでしょうか。

画像 099
次は『錦秋橋』です。
ご存知、本町出身の大橋純子さんですね。
車が橋の欄干に激突していて、ちょうどプレートに当たって取れかかっています。
どんな運転をしたらこのカーブ内側の欄干に激突するのでしょうか。

画像 101
最後の4番目は『錦冬橋』です。
あの吉永小百合さんの字で、夕張支援の行事ではお馴染みですね。
映画 北の零年では、厳寒の夕張ロケに挑みました。
画像 103
4番目の橋は大蛇の沢川にかかる、一番長い橋です。

画像 097
他の3つは無名の沢というプレートが掲げられています。
河川地図でも、名前のない小川は無名の沢と呼ぶらしいです。

あの難所がこのような嬉しい道路になりまして、行政もなかなか意気なことをしてくれます。
[広告] VPS
  1. 2011/12/05(月) 12:07:37|
  2. 富野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二股峠に挑戦

画像 001
栗山から夕張に入る道道3号線(札夕線)。
昭和30年代までは実は、二股峠を越えるこの旧道が夕張と札幌を繋ぐ唯一の幹線道路でした。
昔の地図にはこの道路が表示されています。
ライダーハウス跡から左手に入っていきます。

画像 002
このあたりの雰囲気は、わたしが小学生の頃に探検して通りぬけた35年前と変わっていないと思います。
当事も廃材置き場みたいな場所でした。
人はもっと住んでいたと思います。

画像 003
このアパートの2階にも人が住んでいました。
車をいたずらして遊んでいたわたしたちに、ここの2階の窓が開いておじさんに「こらっ!!」と怒られて逃げましたから。

画像 006
昔はもっと道幅が広くて、建物がもう少しきれいでした。
痛々しい風景になってしまいましたね。

画像 008
20年前は、この道はスープラでも通り抜けできました。
しかしいま入ってみると、途中土砂崩れがあったのでしょうか、1メートルくらいの段差ができていて、その手前にブロックが置かれて通り抜けは不可能な状況になっていました。
雑草もひどくて、とても道があったとは思えないです。
しかし、林道ナビにはしっかり道が鹿ノ谷まで続いています。
いつか、あの頃のように昔の人たちと同じように、ここを通り抜けたいと思っています。

車載カメラの走行動画
[広告] VPS
  1. 2011/10/23(日) 21:46:31|
  2. 富野
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

今週のBGM

BGM

掲示板

プロフィール

tomato (旅芸人)

Author:tomato (旅芸人)
旅の友 フォード エコノラインE350

画像 011
夕張は人生のふるさと。鹿ノ谷で過ごした楽しかったあの頃を決して忘れません。現在は札幌在住。
往年の夕張を追い求めています。
上の写真は探索専用パジェロミニ。
11092411CIMG1885.jpg
カメラ:Nikon COOLPIX P500

項目

夕張地理 (7)
夕張歴史 (11)
夕張映画 (9)
夕張人 (4)
丁未・錦・富岡・福住・住初 (6)
社光・高松・小松 (8)
本町・旭町・昭和 (4)
末広 (3)
鹿ノ谷 (9)
富野 (3)
常盤・若菜・日吉 (4)
千代田・平和 (2)
清水沢 (15)
南部 (6)
桜ヶ岡・下夕張 (1)
鹿島 (7)
沼ノ沢 (3)
真谷地 (5)
紅葉山・久留来 (4)
楓・登川 (10)
十三里・滝ノ上 (5)
その他 (7)

最新記事

月別の記事履歴

皆様のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

当ブログは自由にリンクしてください。 見かけたら、こちらも相互リンクさせていただきますのでご了承ください。

管理人へメール直行便

名前:
メール:
件名:
本文:

迷惑IP・ホスト名

■■不具合情報■■   コメント欄に投稿すると、NGワードがあると表示されて投稿出来ないという不具合が複数の方より寄せられ、FC2に通報して設定を改善いたしました。 NGワードは設定していませんので、このようなことがあった場合、管理人にメール直行便でお知らせいただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。